クイーンズスリムHMBは産後や授乳中に飲めるの?

クイーンズスリムHMBは、ダイエットや筋肉増強の他に、美容効果にも高い評価のあるサプリメントです。

 

しかし、同品に含まれるHMBやBCAAといった成分はイマイチ聞き慣れない物で、特に、デリケートな授乳期のお母さんや赤ちゃんに悪影響のある成分だとしたら大変な事です。

 

そこで今回は、クイーンズスリムHMBが授乳中の方にも安心して使えるのかを調査してみました。

産後ダイエットとしてクイーンズスリムHMBは使えるのか?

クイーンズスリムHMBは、筋肉の衰えを抑制すると共に、筋肉を増やす作用のあるサプリメントです。

 

筋肉を増やせば脂肪を燃やす力がアップするため、ダイエットには非常に効果的と言えるでしょう。

 

また、産後間もないお母さんは、赤ちゃんに栄養の多くを持っていかれ、筋肉が妊娠前よりも衰えている場合が多いため、さらに高いダイエット効果に期待できます。

授乳中にクイーンズスリムHMBを飲んでも大丈夫?

授乳中に悪影響のある成分がクイーンズスリムHMBに含まれていないかは、どうしても皆さん気になるところだと思います。

 

しかし、クイーンズスリムHMBに配合されている成分は、アサイーやザクロなどのスーパーフードや、黒しょうが・赤しょうがなどの果物や野菜などで、授乳期の赤ちゃんや母体に悪影響を与える事はありません。

 

また、主成分であるBCAAやHMBといった成分は、タンパク質が分解されたアミノ酸の一種、もしくはそれをさらに細かくした成分で、授乳期の栄養補給には寧ろ大切な成分達です。

飲み過ぎ注意!

これは、授乳中で有る無しに関係無く言える事ではありますが、いくら健康や美容のためとは言え、過剰摂取は厳禁です。

 

特に、HMBには飲み過ぎると逆に筋肉を分解してしまうという研究報告もあるため、きちんと決められた用法・用量だけは守りましょう。

お医者さんに相談してみよう!

基本的には使い方さえきちんとしていれば、授乳中に飲んでも何の問題も無いサプリメントですが、使用に不安が残る方は一応お医者さんに相談してみると良いかと思います。

 

体質によってはサプリメントが身体に合わなかったり、産後のホルモンバランスの崩れによって、思いも寄らないトラブルが発生する可能性もありますので、その辺りは専門家に指示を仰ぐ方が安心です。

授乳中に筋肉を鍛える事はいいの?

授乳中にダイエットのために運動するのは良いとされていますが、それには幾つかの条件があるようです。

産後1ヶ月は安静にする

基本的に、産後1ヶ月間は出来るだけ運動は避けた方が良いとされています。

 

これは、出産によって骨盤などが大きく歪んでしまっていたり、骨が脆くなって怪我をしてしまいやすくなっているためです。

 

そのため、産後1ヶ月は筋トレはしてはいけません。

授乳中の筋トレは軽めにする

産後1ヶ月を過ぎても、授乳中には激しい運動やトレーニングは厳禁です。

 

授乳中のお母さんの身体は非常にデリケートな状態であるため、過度な筋トレは母乳の出を悪くしたり、最悪の場合は全く母乳が出なくなってしまう事もあるようです。

有酸素運動の方がオススメ!

母乳の出に悪影響を与えてしまうのは、筋肉を生成する際に男性ホルモンの分泌が影響していたり、トレーニングによるストレスなども原因と考えられますが、とにかく激しい筋トレは禁止です。

 

授乳中は母乳による育児だけで、1日500~600kcalものエネルギーを消費するため、筋トレはダンベルなどの重りは使用せず、出来ればゆっくり歩くなどの有酸素運動の方がオススメです。

授乳中にオススメのトレーニング法

授乳中、特に産後間もない頃は、骨盤が歪んで体型が崩れてしまう事が多いため、骨盤を中心にトレーニングしていくのがオススメです。

腰をゆっくり回転させる(左右5回×2~3セット)

やり方としては、骨盤を時計周り・反時計周りにそれぞれ交互に、ゆっくり腰を回すだけです。

 

これは骨盤矯正とインナーマッスルを鍛えるのが目的で、姿勢が出来るだけ真っすぐな状態が好ましいため、骨盤矯正ベルトなどがあればより完璧です。

前後屈(5回)

また、ラジオ体操などにある前後屈(前に身体を倒したり腰をそらしたりする運動)も非常に効果的です。

 

身体に負荷を与えるのが目的では無いので、ストレッチ感覚で無理なく行っていきましょう。

 

30日返金保証を使う場合はこちらからどうぞ!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*